SEED History & Future

消しゴムの「Rader」株式会社シードの公式ブログ。シードの歴史と新情報をいち早くお届けします。

消しゴムの「Rader」株式会社シードの歴史と新情報をいち早くお届けします。

修正「液」から修正「テープ」まで、一足飛びにたどりついたわけではありません。

まず、修正液 の不便な点を列挙し、分析しました。
その結果、複数の不便は「液」であることから派生していることが解りました。
ニオイが気になる・・・溶剤使用のため
すぐに書けない・・・液が乾いていないから
凸凹になって書きにくい・・・液を均一に塗ることが難しい
FAXの感熱紙に使うと滲んで汚くなる等々、
このことから液体ではなく、乾式(ドライタイプ)に近い方が望ましいとなりました。

次に「ドライタイプの修正するもの、あるいは修正に転用できそうなものには、どのようなものがあるか」と探すことになりました。今でこそ、何でもネットで簡単に調べられますが、当時はそのようなものもなく、ただひたすら情報を求めて、文具店を始めとするあらゆる種類の店舗を回りました。

レタリング シート・・・いろいろな書体のアルファベットや罫線が印刷された、1文字ずつ転写できるシート。デザイン用だけでなく、汎用の安価なものもありました。ほとんどは黒でしたが、一部白色のものもあり、白色の罫線が修正用に転用できそうでした。

修正紙・・・粘着テープの白い紙タイプ。低粘着のものや、テープ幅の種類もあり、隠す文字が透けないように裏面が灰色になっているものもありました。主にFAXを複数箇所に転送する際に宛名を記載したり、コピーをする際に隠したい部分をマスクするために使用されていました。

タイプライター用修正シート・・・2.5cm×7.5cm位のフィルムの裏面に白い粉が付着しているタイプライター用の修正シート。タイプミスをした時に間違えた文字の所にあてて、再度タイプすると白い粉が付着して間違えた文字を隠すので、上からもう一度タイプして修正できるというものでした。

タイプライター用修正テープ・・・上記のタイプライター用の修正シートがテープ状になったものです。2個のリールとテープからなり、見た目は現在の修正テープのケースなしといった感じでした。

クレヨンタイプ・・・クレヨン等の軟らかい画材の白色も候補の一つでした。
 

1985年1月に発売を開始した、消しクズがまとまるタイプの消しゴム「ノンダスト」は偶然から生まれ、通常であれば全く顧みられることのないものでしたが、消しクズが散らばらず、まとまるという新しい切り口を見つけだすことで新たな消しゴムの分野になりました。

では、次は? ということで、1986年8月に発売したのが「FOR SHAPE(フォーシャープ)」です。
「ノンダストの対局に位置する軽い消し感、力を入れずに消せる、シャープペンシルに最適な消しゴム」をコンセプトに開発を行いました。しかし、レーダーのイメージがあった為でしょうか。なぜか試作品として出来上がってくるのは「さらっとした軽い消し感」「力を入れずに消せるライトタッチ」には程遠い消しゴムばかりでした。試行錯誤の末、やっと出来上がったのがフォーシャープです。「軽い消し感、ライトタッチ」これも新たな消しゴムの分野となりました。

消しゴムの形状にもこだわり、SH-50(後にSH-60)は通常品よりもスマートな細長い形にしています。また、SH-100はミニレーダーで小さな消しゴムは消しやすいことが解り、小さな消しゴム3個(ホワイト、ピンク、ブルー)をセットにしました。1987年9月にはしっかりと握れる大きめサイズのSH-100Nを発売、以後のカルサーラ、Gフォーシャープへと続きます。
SH3syu

発売初期のフォーシャープ。写真:SH-60は60円、SH-100とSH-100Nは100円。

SH-100
SH-100のフォーシャープはミニレーダーより、ちょっと大きめ。
「フォーシャープ」から「カルサーラ」に。
CALSALA
そして、スタイリッシュな「Gフォーシャープ」に進化しました。
EP-SHG-100
 

見本市(展示会)ではこのようなパネルに商品サンプルを貼付けて展示しています。
cyberpaneru
蛍光オレンジと蛍光グリーン、とてもきれいな色です。オレンジとマスカットは炭酸飲料のようなフルーティで美味しい香りです。 シードのケシゴムの香料はすべて食品添加物として認められているものを使用しています。

例年8月に発表、9月に出荷開始の限定Radar(レーダー)今年はちょっぴり早まりました。2017年は本日6月1日発表、7月3日出荷開始予定です。
2017 Limited edition は Chocolate color です!
ChocoRadar
深みのある上品なチョコレートカラーのスリーブにゴールドの箔押し「Radar」のロゴが輝きます。
このチョコレートカラー、車の塗装のような深いメタリックカラーを出そうと試行錯誤しました。その結果、とてもいい感じのチョコレートブラウンになりました。100円だけど、ちょっとおしゃれ感覚、大人感プラスです。
ChocoRadarBox
チョコレーダー2017 100円(税抜)1箱30個入

※名前はチョコレーダーですが、チョコの香りはしませんので、ご了承くださいませ!

1956年9月世界に先駆けてプラスチック消しゴムの生産を開始したシード。おかげさまで、よく消える消しゴムの代名詞「Radar(レーダー)」は2018年に発売50周年を迎えます。

 

近未来感覚でサイバー空間を表現した透明ねりけしを本日2017年6月1日より出荷開始致します!

「サイバーポリスねりけし」は大阪デザイナー専門学校との産学協同プロジェクトによって企画・開発された商品です。
今まで、数多くの透明ねりけしを発売してきましたが、今回の蛍光色は初めての試みです。この蛍光色の透明ねりけしに対してどのようなアプローチの作品が出来上がるか、ドキドキして待っていました。

ファイヤーマンとスティーラーと戦うサイバーポリスの活躍も頼もしく、蛍光オレンジと蛍光グリーンの透明ねりけしがサイバー空間のイメージを演出しています。
Cyber2

蛍光オレンジはオレンジの香り、蛍光グリーンはマスカットの香りです。(写真ではあまり蛍光感が出ていませんが、実物はとてもきれいな蛍光オレンジと蛍光グリーンです。ぜひ店頭で手に取って見てくださいね。)
CyberBox
 サイバーポリスねりけし 1個100円(税抜)1箱20個入(各色10個入)

↑このページのトップヘ