SEED History & Future

消しゴムの「Rader」株式会社シードの公式ブログ。シードの歴史と新情報をいち早くお届けします。

消しゴムの「Rader」株式会社シードの歴史と新情報をいち早くお届けします。

消しゴムと言えなくもないけれど…粘着力が強く軟らかいそれは、どちらかといえば伸びないねりけしという感じでした。研究の担当者曰く「なんか変なもんができた」。従来の消しゴムとは違いましたが、文字はよく消えますし、素材的に面白いということで、最初は子供向けに発売することになりました。名前は「ぺらぺら消しゴム」です。
PERAPERAbox
1984年9月発売で50円でした。
PERAPERA

厚み1mmです。手に持つとこんな感じです。
PERA
このままだと使えないので、くるくると丸めて使います。
PERA2
実際に使ってみると消しクズが出ないので、これは便利ということになりました。
しかし、粘着力が強く軟らかいため、機械にくっついて、四角い消しゴムの形になりません。改良を重ね1985年1月に消しクズが散らばらない消しゴム「ノンダスト」として発売を開始しました。

最初はスリーブ(巻紙)や20個入の箱も風合いのあるクラフト紙でした。
NONDUST
しかし、バーコードが読み取れないということで、クラフト調の印刷に変更しました。
NONDUST2
そして今は、スタイリッシュなデザインに進化しています。
NONDUSTnew



消しクズがまとまる消しゴムは、1985年1月にシードが日本で最初(定かではありませんが世界でも最初)に発売しました。製品名は「ノンダスト」。そのままのネーミングです。発売当初は、写真のようにクラフト紙のスリーブ(巻紙)でした。
NONDUST
それまでの消しゴムは文字が消えることに重点を置いており、消しクズや消し感触、用途に焦点を当てたものはありませんでした。見本市等では「どこで使うの?」「使いにくい」「消しクズがまとまる必要があるの?」といった声が多く寄せられました。
今では、消しクズがまとまるタイプは掃除がしやすいといった理由で多くの方に愛用されています。
NONDUSTchirashi
このノンダストの消しゴム生地(消しゴム本体の素材)は、研究室から「こんなんできたんやけど」と持ってこられたのが最初です。粘着力が強い、薄くぺら〜っとしたものでした。(続く)
 

消しゴムは小さくなると消しにくくなりますが、小さい消しゴムは細かい所を消す時には消しやすいと思いませんか?

シードのスタンダード消しゴムで一番小さいものは「mini Radar(ミニレーダー)」です。
miniRadar+1

製品サイズが約15.5×30×9.5という本当にミニサイズな消しゴムです。

このミニレーダー、1986年1月に「おまけ」としてデビューしました。

1968年に発売開始した「Radar(レーダー)」の発売20周年記念で「S-50×2個」「S-80×1個」「S-100×1個」に、ミニレーダー1個のおまけを付けたのです。
元々は別の製品用に開発したものでしたが、このセールに採用されました。
miniRadarchirashi

・・・ここまで書いて気付きました。20周年ではなく正しくは18周年です。申し訳ありませんでした。どうかご容赦くださいますようお願い申し上げます。

※ミニレーダーは販売していません。


シードの本社工場は大阪市都島(みやこじま)区にあります。
住宅街ということもあり、近所には小学校が何校かあります。ずっと昔は、この近所の小学校が工場見学に訪れる程度だったのですが、近年は結構遠くから工場見学に来られます。小学校の教育課程のプログラムに組み込まれているのでしょう3年生、5年生です。

小学生にとって、消しゴムは身近な存在の為か興味を持って見学してもらえます。
以前は、消しゴムの在庫品をお土産にしていたのですが、2014年秋より工場見学限定の消しゴムになりました。

レーダーを元にキャラクター化された「レーダーじい」のイラスト入です。
RadarGEraser
3柄あります。

原則として工場見学は小学生のみでしたし、現在、工場見学は受け付けておりません。そのため、この消しゴムを持っている小学生は非常にレアな消しゴムを持っていることになります。使ってもらえているのでしょうか。ちょっと気になります。


 

消しゴムのスリーブ(巻紙)の角の切り落とし(角R)をつけるきっかけは、とある新製品の開発時に遡ります。

1985年に発売された新製品の名前は「Neo Radar(ネオレーダー)」
NeoRadar










当時、今のようなパソコンやCAD(キャド)の無い時代、設計図等の図面は製図用の机で作図されていました。机の天板表面にはマグネットシートが貼られており、天板は角度を変えることができます。図面はトレーシングペーパー等の薄い紙に製図用の鉛筆やシャープペンシルで描きますが、紙は磁性を利用して動かないよう金属の薄い板で固定します。
鉛筆を使うので消しゴムは必需品ですが、普通の机と違い、天板が傾いているため消しゴムが転がりやすく、不便だとの声が 多く寄せられていました。

NeoRadarChirashi2

天板にくっつく金属で消しゴム用の受け皿を作って、その上に消しゴムを置いてみましたが、天板の角度を変えると消しゴムが落ちてしまいます。そこで、紙ではなく図面を固定させる金属の薄い板をスリーブにしてみました。天板の角度を変えても、消しゴムはくっついて落ちません。

しかし、金属のスリーブだと細かな印刷ができませんし、費用もかかります。何かいい方法はないかと、取引先の印刷屋さんに相談した所、コート紙に薄い鉄板を挟んだ紙を見つけて来てくれたのです。表面は紙なので、普通のオフセット印刷ができます。そして、普通に見ただけでは消しゴムがくっつく理由が解らない点もユニークです。スリーブには、この紙を使用することが決まりました。

ところが、実際にスリーブを作り消しゴムとして使ってみると、消しゴムが折れるのです。考えてみれば、紙ではなく鉄板です。しかも薄い鉄板なので刃と同じです。皆で、解決策はないかと頭を悩ませていました。そんな時、前述の印刷屋さんが「いいものができましたよ」と持って来てくれたのが、角の切り落としをした、いわゆる角Rをつけたスリーブだったのです。

1985年1月に発売された「Neo Radar(ネオレーダー)」は、日本で最初に(たぶん世界でも最初だと思うのですが確証はありません)角Rがついたスリーブの消しゴムです。

看板商品の「Radar(レーダー)」も同時期から角Rがついたスリーブに替わっていきました。

S-50JIS

※鉄板を挟んだ紙が生産されなくなった為「Neo Radar(ネオレーダー)」も廃番となりました。


 

↑このページのトップヘ