SEED History & Future

消しゴムの「Rader」株式会社シードの公式ブログ。シードの歴史と新情報をいち早くお届けします。

タグ:消しゴム

“青いケースの消しゴム”で親しまれている「レーダー」シリーズに
優れた消字能力透明性を持たせた
クリアレーダーが新登場です!!

文紙メッセ2019_新商品WEB画像

消しゴムだけではなく、ケースにも丈夫で透明な材質を採用!!
透明感をUPしています

是非、店頭でこの透明感をご確認下さい


2019年9月2日出荷開始予定

クリアレーダー100_内箱_中クリアレーダー150_内箱_中
クリアレーダー100 EP-CL100 100円(税抜)1箱40個入
クリアレーダー150 EP-CL150 150円(税抜)1箱30個入



1956年9月世界に先駆けてプラスチック消しゴムの生産を開始したシード。
1968(昭和43年)9月「最高級プラスチック字消し」と銘打ち「レーダー(Radar)」が発売されました。
おかげさまで、よく消える消しゴムの代名詞「Radar(レーダー)」は2018年に発売50周年を迎えました。
更に高い品質を追求し、レーダーは今も進化し続けています。

本日7月1日より「ピンクゴールドレーダー2019」出荷開始です!

ピンクゴールドレーダー2019中

とっても大人可愛い色のレーダーです!
数量限定品なので、ぜひ店頭で見かけたら手に取ってみてください♫

ピンクゴールドレーダー2019
S−100PKG
100円(税抜)1箱30個入
商品サイズ:W55×D21×H12mm (約16.7g) 


1956年9月世界に先駆けてプラスチック消しゴムの生産を開始したシード。
おかげさまで、よく消える消しゴムの代名詞「Radar(レーダー)」は2018年に発売50周年を迎えました!
今後もよく消える消しゴム「Radar」を宜しくお願い致します。

 

2019年の限定Radar(レーダー)が発売になります!!

「ピンクゴールドレーダー2019」
2019年7月2日出荷開始予定です!!
ピンクゴールドレーダー2019_本体_低

ピンクゴールド色でキラキラ輝くメタリックなスリーブに、
マットシルバーの箔押し「Radar」ロゴ。

とっても大人可愛いカラーリングですよ〜♫

写真ではメタリック感がわりにくいかもしれませんが、
ぜひ店頭で手に取ってご覧ください!
ピンクゴールドレーダー2019_内箱_低
ピンクゴールドレーダー2019
100円(税抜)1箱30個入


1956年9月世界に先駆けてプラスチック消しゴムの生産を開始したシード。
おかげさまで、よく消える消しゴムの代名詞「Radar(レーダー)」は2018年に発売50周年を迎えました!
今後もよく消える消しゴム「Radar」を宜しくお願い致します。

 

2018年はレーダー発売50周年のスペシャルイヤー!
特別な一年を記念して、特別なレーダー(限定)を発売しています。

第三弾は「50周年記念レーダーBK」

高級感のあるメタリックなグレーに、カラーラインが際立つスリーブです。
50周年記念のマーク付き数量限定品。
2018年8月21日出荷開始予定です!

2018年8月27 日出荷開始予定です!
レーダーBK赤正面低

レーダーBK黄正面低

レーダーBK青正面低

限定レーダーで初めて黒色のレーダー生地を採用!
カラーの箔押しはの3種類です。

写真ではメタリック感が解りにくいのですが、とってもカッコ良い発色です!
店頭でぜひ手に取ってご覧ください。
レーダーBK内箱中

50周年記念レーダーBK  S-100AN2 100円(税抜)1箱30個入

1956年9月世界に先駆けてプラスチック消しゴムの生産を開始したシード。
おかげさまで、よく消える消しゴムの代名詞「Radar(レーダー)」は
2018年に発売50周年を迎えます。

  

消しゴムに表示されているこのマーク、何のマークかご存知ですか?
erasercleanmark
このマークは「日本字消工業会」(消しゴムの製造業者の任意団体)の消しゴムに関する安全管理の自主規制に適合していることを示すマークです。また、マークについている番号は会員の固有番号で、その消しゴムの製造業者を示しています。
2018年4月17日現在、登録会員は7社です。
シードの番号は「01 」です。
cleanmark
このマークは、基準規定に適合している場合にのみ付けることが出来ますが、任意なので必ず付けなければならないわけではありません。
しかしながら、良く消える、安心して使える消しゴムを購入したい時の目安にはなるかと思います。

基準規定の中には、有害物質や消し能力(消字率%)、試験方法等が定められています。 ちなみに、どんなに良く消えても、お菓子等の食品類と間違えそうなものに付けることはできませんし、製造することもできません。
詳細は日本字消工業会のホームページ http://www.jikeshi.gr.jp をご参照ください。 

↑このページのトップヘ